出来てしまったシミにお悩みの方

紫外線の影響や加齢によって肌にシミができていることに気がつくとすごくショックですね。
「昨日までは無かったはずなのに」と。
女性の場合にはファンデーションなどのメイクでカバーできる部分もありますが、やはり根本的に何とかシミを消すことはできないのかと考えてしまうものです。
きれいさっぱり消すにはレーザー治療が一番確実ではないかと思います。
しかし、まだ日本ではシミのレーザー治療は一般的とは言えませんし、もし失敗したら・・・後遺症や副作用は・・・などの不安が付きまといますし、料金も結構かかります。

「完全に消えなくてもいいから少しでもシミが薄くなってくれれば満足」という人にはシミ用の化粧品を試してみてほしいところです。
化粧品であれば病院に行かなくても簡単に買えますし、好きな時に自分で試すことができます。
まずはシミ用化粧品を試してみて、その結果にどうしても納得いかなければレーザー治療などを検討するというのがいいのではないでしょうか。
どういったシミ用化粧品があるのかというのは下記のサイトにいろいろと書かれています。
できたシミ 効く 化粧品

出来てしまったシミに使う化粧品には、ハイドロキノンが配合されているものとそうでないものの2種類があります。
シミ用化粧品が気軽に試せるのは事実ですが、ハイドロキノン配合化粧品を使うときには少し注意が必要です。
肌に合わなかったり使用上の注意を守らずに使用し続けると白斑などの症状が出ることがあります。
白斑というのは肌の色が白く抜けてしまう現象のことを言います。
では、どういったことに注意すればいいのかというと

  • 顔に本格的に使う前に、手足の目立たない部分でパッチテストを行う
  • 昼に比べて紫外線の弱い夜間に使用する
  • 外出時には日焼け止めなどを使って、肌への紫外線をカットする
  • 説明書などに書かれている決められた期間を超えて、1か所に長期使用しない
  • 酸化による品質劣化が起こりやすいため、開封後は早めに全部使い切る

こういった点に注意してください。

ハイドロキノン配合化粧品が怖い人はまず、ハイドロキノン不使用のシミ用化粧品から試してみるといいです。